FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の体調不良...。ストレスや不眠の対策をしましょう。

こんにちは、八ッ目漢方薬局です。
4月は新しい生活をスタートさせる方も多いかと思いますが、いかがお過ごしですか?
新生活はワクワクするものですが、
いっぽう、緊張感が過ぎてか、不眠やストレスによる不調、イライラのご相談が増えるのも
春の特徴です。。。
不眠ストレス黒板

春は気持ちが高まり、楽しい気分になるのと同時に、
眠くて頭がボーっとしたり、頭痛がしたり、気分が落ち着かなくてイライラしてしまうこともありますね。
陰陽五行説に則って考えると、春は「肝」の季節といわれます。
春の体調不良は、「肝」をいたわり、「陽気」を上手にコントロールすることが大切になります。

・春の養生:「陽気」「肝」の関係
この場合の「陽気」というのは、温めるエネルギー。温めるので、上へと昇る性質があります。
春の草木が空に伸びて行くイメージですね。
草木と同様、春は人間の身体の陽気も高まります。
陽気が体内を上手に巡れば、うきうきした気分で健康に楽しく過ごすことができます。

そして中医学でいう「肝」は、いわゆる肝臓の働きだけではなく、もう少し広範囲な意味を持っています。
をたくわえ、めぐらせると言うはたらき以外に、
精神・情緒面をコントロールするというはたらきが有るのが大きな特徴です。
また、目とも密接な関係があり、
肝のはたらきが乱れると、眼精疲労や目の充血といった症状もあらわれやすくなります。

肝の調子が良く、陽気も上手に巡ってくれていれば、気持ちが浮き立つ楽しい季節...となるのですが、
入園や入学、就職、異動など、環境の変化によってストレスを受けたり、
もともと肝の気の巡りに問題があると、春には不調が出やすくなってしまいます。
2000年前に著された漢方の古典『黄帝内経』の「素問」において
東風生於春 病在肝 兪在頸項
とあるように、肝の失調や陽気が上手く巡らず現れる頭部の不調が代表的な症状です。

春に出やすい体調不良をチェック!
イライラしたり、怒りっぽくなる 眠りが浅い、よく眠れない
頭痛 眼精疲労の悪化 目の充血
「不眠とストレスの漢方薬」(八ッ目漢方薬局HP)もご参照下さい

春の不調を予防するには、午前中のうちからゆったり身体を動かし始めるなどして、
なるべく陽気のめぐりを良くしてあげること。
日の出と共に起きるのが理想ですが、それは難しいので できるだけ早寝早起きを心がけ、
体を動かすことで心身をリラックスさせてあげましょう。

春の不調は、漢方薬が優れた効果をあらわすジャンルのひとつです。
ちょっとした事でもお気軽に、当店までご相談下さい!

ランキング参加してます!よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

:本日のブログの参考書籍:
やさしい中医学シリーズ1 ライフスタイルブック 川瀬清監修 劉伶 劉暁非(文芸社)
漢方薬膳学 横浜薬科大学編 伊田喜光・根本幸夫 監修(万来舎)
関連記事

テーマ : 漢方・東洋医学
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 漢方薬 ストレス 不眠

プロフィール

八ッ目漢方薬局 浅草

Author:八ッ目漢方薬局 浅草
東京都台東区雷門の漢方薬局です。
ご来店お待ちしております!

店舗地図

ホームページ

お買い物(通販)ページ

取扱商品一覧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。